【カップルの会話が弾まないあなたへ】2人の関係性をよくしていくポイント ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3318views

【カップルの会話が弾まないあなたへ】2人の関係性をよくしていくポイント

3318views

シェアする

LINEで送る

会話で悩むカップル

最近、彼氏との会話が弾まないなと思うときありませんか?何を言っても、え?、うん、いや、別になどしか返事がないとなれば、つらいですよね。さらに会話がないなどに発展していくことも。彼氏との弾まない会話を改善するポイントをお伝えします。

1.【ネタが大事】カップルが盛り上がる話題を紹介

カップを持って微笑むカップル

話のネタが大事とありますが、その前に、男性と女性は違う生き物なのだということを理解しておくことがポイントです。とても極端にいいますと、具体的にはこうなっているようです。下記の中で、ご自身の彼氏にあてはまっているものはありませんか?

・闘争心が強く、強さをアピールしたい
→彼女が感動したり、面白かったりしたことを会話に導入しても彼が無感動なことありませんか?

・指示されたり、注意を受けたり、比較されたりすることを極端に嫌う
→当然のことを、間違っているから注意しているだけなのに、逆切れしている。

・自分が一番偉いと思いたいし、そうあるようにしている
→彼女の話をすぐに自分の話や親の話にきりかえる。彼女の会話の内容を認めない。すぐに説教したがる。

・見栄っぱり
→つまらない自分の会話を一番だとアピールする。仕事や趣味の話しかしない。

・自分の優位性さえ保証されれば会話の内容なんて関係ない
→最後は自分の自慢話で会話を終えようとしていませんか?彼女の会話を否定して終わっていませんか?

・所有欲が強い
→自分のテリトリーに彼女が入ってくると、不機嫌になる。ひまそうだから、話しかけてみても、自分がしていることを遮られたかのように、不機嫌になる。

・相手の元気な状態を、反抗ととらえ闘争心さえ芽生えさせる
→自分のこと以外で、彼女がルンルンになっていると、彼女に対して否定的な態度をとる。

これらのことが全部あてはまれば、きっと付き合っていくのは難しいでしょう。ですが、ここまではいかなくても、男性の考え方の傾向を理解しておくで、関係性を作っていくことが少し簡単になるかもしれません。男性と女性で考え方にどのような違いがあるかを次に説明します。

・男性は男女関係なく、会話を自己顕示欲というアピール、闘争だと思っている。
・女性は男女関係なく、会話をスキンシップの1つだと思っている。

このポイントに沿うと考えた時、それではどのようなネタの話をすればいいのでしょうか。

・彼をとりまく環境に配慮した話題

→テレビ内容でも、同じドラマをみていたのなら、そのドラマの話題をとりあげてもいいのです。ですが、彼女がはまっているアイドルや俳優について、どれだけ彼のよさを知ってもらおうと熱弁しても、彼にとれば、彼女の熱弁の様子しかうつらず、ミーハーだなという印象だけが残り、ふーんなど冷たい対応しかかえってきません。逆に、彼の好きな女優やアイドルつながりの話題をふるだけで、きっと彼は目の色をかえ、熱弁をふるうかもしれません。ニュースなどでもそうです。毎日いろいろなニュースが報道されていますが、その中でも彼が興味をもってみている内容を話題にするだけで、その日の会話は盛り上がるのではないでしょうか。

・彼に関係ないネタはNG

→女性の場合、自分の親友のことについてのネタをふられると、信頼されているような嬉しい気持ちになり、親身になって聞いてしまいますよね。ですが、男性は自分が知らない彼女の友達のことをネタにされても、聞くことはしますがあまり盛り上がらないでしょう。その理由は、彼は自分に関係のないことだと思っているからです。そのため、聞いてほしい話を熱心に聞いてもらうことはあまり期待はしないほうがいいでしょう。

・下ネタを話題にするといい?

→女性のとって不愉快のネタにもなる下ネタ。男性と女性では下ネタについての受け止め方が違っているようです。男性は、自分をアピールするためだけの手段だととらえています。また、会話が苦手な人が多いのも、女性よりも男性に多いとされています。

男性にとって、重要なのは、下ネタの内容ではなく、その場が盛り上がるかどうかのようです。たとえ、その場に女性がいたとしても、下ネタにでてくる女性像には、目の前の女性は入っていないという認識で話しています。

しかし、受け取る側の女性としては、自分も対象にされているのではないか、自分のことを笑われているのではないかという不愉快な気持ちが先行してしまい、腹立たしくなってきます。男性にとれば、下ネタを話す人は、度胸がある、アピールがうまいとなるようです。ですから、彼女が下ネタをカラッと言えるということは、彼にとれば、話のうまい女性とうつり、気分がよくなるというわけです。

男性は、自分事として下ネタをいうというよりは、自分は話がうまいのだという自己顕示欲のアピールに使っているんですね。時には、彼の前でガツンと下ネタを言うことで、彼女の強さをアピールしてみるのもアリかも知れません。

・彼の趣味を尊重しよう

→恋人同士の場合、彼に趣味があっても彼女は知らんぷりをすることも多いかもしれません。ですが、彼の趣味を彼女も興味を持つことで、会話が盛り上がることは間違いなさそうですし、自然と話題も増えそうですね。ただ、そのときに彼女が彼に、趣味の内容についての新しい情報を教えるというだけでは面白くないと思われることもあるかもしれないので、そこは注意が必要です。彼が一番その趣味に精通していると思わせるきっかけをつくることで、彼は話し出すでしょう。


2.長続きするカップルのLINEやりとり

携帯を見ている女性

長く続くカップルには特徴があります。

・LINEでは好きなどの言葉をあまり使わない。
→毎日好きだよなどと、SNSを使った簡単な手段で頻繁に言われると、それが当たり前になり、「好き」「愛している」などの本来特別である言葉がチープになってしまいますよね。

・褒められたことに対して、そんなことないよ~、などの謙遜をしない。
→謙遜をしてしまうと、相手はさらにそんなことないない、と褒めがエスカレートします。結果的に、そんなことを毎日していると、お互いに疲れるというわけです。

・シンプルな表現を心がけている
→2人にだけ分かればそれでいいのですから、説明的な要素はいらないようです。
一言だけだったり、なんていうことのない返事だけだったりというのも、気兼ねしなくていい恋人ならではなのです。

3.楽しく会話をしながら食事をしよう

食事がおいしいだけで、会話になります。ただ、少しポイントがあります。

彼女「おいしいね。」
彼「うん。」

これだと、会話が続いていませんね。

彼女「このピザおいしいね、メインの○○以外に何が入ってるんだろう?」
彼「○○じゃない?(おいしいよね。)」

疑問形にすることで、彼が答えたことで会話が収束しています。ポイントは彼に発見させ、彼に仕切らせることです。たったこれで彼の満足度が高まります。

沈黙は避けるべき?会話があったほうがいいのか?

彼女としては、沈黙を避けるために、自分の知っていることを次から次へと話す人もいます。最初の頃は、彼女の話すときのしぐさひとつひとつが、愛おしく思えるでしょう。ですが、毎回のデートの食事でそうだとすると問題があります。

男性にとっては、沈黙という空間を作られるということは、目の前の女性は自分に対して、心も体もオープンであるというサインだと受け取るのだそうです。そう思うと、沈黙の空気感によっては、彼女が無理をして話題を提供するよりも、2人のムードには効果的だと言えそうです。女性も沈黙は信頼しているからという合図でもありますので、微妙な違いはありますが、沈黙で会話できているのなら、それをあえて気にする必要はないのかも知れません。おいしい料理をいっしょにゆっくりと味わって、その時を楽しむのもいいものです。

4.まとめ

ソファに座るカップル

会話の内容によって弾み度合いは違いますよね。とはいえ、いろいろと頑張って話のネタを作ることばかりを頑張らなくても、沈黙があっても大丈夫。会話に焦ることなく、おいしいものを素敵な場所で食べているだけで、話が弾むこともありそうです。

閉じる
閉じる