【英語で誕生日メッセージ】おしゃれな言い方・フレーズ(例文付き) ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
14234views

【英語で誕生日メッセージ】おしゃれな言い方・フレーズ(例文付き)

14234views

シェアする

LINEで送る

誕生日メッセージと花のプレゼント

英語でおしゃれに誕生日メッセージを贈りたい、と思ったことはありませんか。友人や家族、恋人に送るメッセージに使えるフレーズを紹介します。もちろん、英語圏の知人へのメッセージにもおすすめです。身近なところだけでなく、グローバルに使える英語の誕生日メッセージの書き方を勉強してみましょう。

1.【おしゃれ】英語の誕生日メッセージ

HAPPY BIRTHDAYと書かれた風船

「お誕生日おめでとう」を「Happy Birthday」と英語で伝えるとおしゃれです。歌やバースデーカードなどで定番の「Happy Birthday」に、気の利いたワンフレーズ加えてみてはいかがでしょうか。おすすめのフレーズを紹介します。

・定番は「Happy Birthday」

誕生日を祝うメッセージの定番は「Happy Birthday」です。これは「I wish you a happy birthday.」を略したもので、「幸せな誕生日を祈ります。」という意味です。

「Happy Birthday」は歌などでもおなじみなので、意識しなくても言うことができるでしょう。一方で、メッセージを贈るときに、これだけでは物足りなさを感じることもあります。

・相手の名前を入れる

Happy birthday, 〇〇!

〇〇の部分には相手の名前を入れます。
単に「Happy birthday」と伝えるよりも、名前があるだけで親密さがアップします。

また、名前を入れない表現もあり、例えば男性同士であれば「mate」、「buddy」、「man」、「bro」という表現も使われます。女性同士であれば、「dear friend」、「sweetie」、「sis」と言うことも可能です。

地域などによって使う表現はさまざまです。もしも、英語圏に行ってこのような表現を使うときは、周りの人の使い方を聞いてみるといいでしょう。また、海外ドラマでもよく使われる表現ですので、意識して聞いてみるのもおすすめです。

・年齢を入れる

Happy ◯th birthday!

◯の部分に年齢を入れ、例えば18歳なら18thとなります。First、second、third、fourthといった表現は、ものの順序を表す「序数」で、日本語だと1番目、2番目、3番目、4番目といった意味になります。省略して1st、2nd、3rd、4thという表記です。

「◯回目の誕生日」といった意味で使うので、このように書くことになります。多くの場合は◯thで問題ありませんが、注意が必要なのは、1歳~3歳や21歳~23歳などです。一の位が1~3のときは1st、2nd、3rdと表現します。(例外は11番目=11th=eleventh、12番目=12th=twelfth、13番目=13th=thirteenth)

小さいお子さんや、成人する20歳など、節目のときに年齢を入れると印象深いメッセージになるでしょう。また、アメリカでは多くの州で21歳からお酒を飲めるようになり「大人の仲間入り」を果たします。盛大にお祝いすることが多く、そんなときは「Happy 21st birthday!」と伝えてみましょう。

しかし、小さいお子さんや記念の年に使うのが無難で、年齢を気にする方も多いので、使うタイミングは注意しましょう。

・省略して誕生日おめでとうを表現

「HBD」「B-day」「HBTY」「HB2U」

日本でも「誕生日おめでとう」を「ハピバ」など略して伝えることがあります。このような省略は英語にもあり、特にインターネットなどSNSでメッセージやスタンプ、写真のデコレーションに使うことがよくあります。Instagramのハッシュタグに使うこともあります。
「Happy Birthday」から3文字取って「HBD」と省略する方法、「birthday」を省略して「B-day」もよく使われます。他にも「Happy Birthday To You!」を「HBTY」「HB2U」と書くのも、なかなかカッコイイです。

省略することで、より印象的に見えることもあります。文字数が減ることで文字が際立ち、例えば写真やメッセージカード、ケーキなどにデコレーションしやすく、インパクトを強める効果もあります。

・相手を思いやる一文を添えて

Hope you have an [great/wonderful] year ahead!(素敵な一年になりますように)」
Wishing you all the best on your [great/special] day!(あなたにとって[すばらしい/特別な]日がと最高のものとなりますように)「[Wishing/I wish] you all the best.」は「幸運を祈ります」という、定番の表現です。

「~になりますように」と訳す「hope」や、「〜を祈ります」という意味の「wish」を使ったフレーズが定番です。

単に「Happy Birthday(お誕生日おめでとう)」と伝えるだけでなく、このような文章があるだけで、より相手の幸せを願っている、思いやりの心を感じられるのではないでしょうか。

・遅れてお祝いするときのフレーズ

Sorry I’m late. Happy birthday!.
Belated happy birthday!

気づいたら誕生日が過ぎてしまい、お祝いを伝えられなかった経験がある方も多いでしょう。

「できれば当日にメッセージを贈りたかったが、申し訳ない」という気持ちも英語でしっかり伝えたいです。そのようなときの表現も、しっかり用意されています。

具体的には「Belated happy birthday!」「Happy birthday for ○○(日付)」と伝えれば良いでしょう。「belated」は「遅れた」という意味で、謝罪の言葉と共に「Belated happy birthday!」と堂々と伝えると相手の印象も良くなるのではないでしょうか。「Happy birthday for ○○(日付)」の部分には「yesterday」や「last week」「Wednesday」など好きな日付を入れられます。

また、誕生日に定番の相手の幸せを願うフレーズも「過去形」で伝えます。「Hope you had a really [special/wonderful] day!」「Hope it was a [great/specials] one!」といった内容は、誕生日がすばらしい1日になった、ということを願う文章になります。

・メッセージカードや写真もおしゃれに

直接「Happy Birthday(お誕生日おめでとう)」と伝えられないときは、メッセージカードや写真を贈ると喜ばれます。

メッセージカードにお祝いの言葉を書くときは、筆記体で書くとクラシカルでおしゃれな印象になります。ブロック体でかわいく書くのもおすすめです。また、アルファベットを美しく書く手法の1つ「カリグラフィー」もおすすめです。日本の書道のようなもので、先端が平らになったペンを使うことが多く、お手本などに合わせて1文字ずつ丁寧に書きます。一味違うメッセージカードを作りたい方におすすめです。

2.【面白い】英語の誕生日メッセージ

メッセージ

誕生日のメッセージは、贈る相手に合わせて変えると、より、気持ちが伝わります。
恋人、友人、目上の方や上司、家族などに合わせたメッセージを紹介します。

恋人へは感謝と愛の言葉を添えて

I’m so happy(to be)with you.(あなたと一緒にいられて幸せです。)「to be」はなくても問題ありません。
You smile, I smile.(あなたが笑うと、私も笑顔になる。)恋人だから言える、カジュアルな言い方です。
The older you get, the more [beautiful/pretty/sweet] you become.(年を重ねるごとに、[きれい/魅力的/すてき]になっていくね。)
Thank you so much for [being with me/standing by my side]!(私のそばにいてくれてありがとう。)
Thanks for coming been born into the world as my love.(私の恋人として、産まれてきてくれてありがとう。)
I love you [with all/from the bottom of] my heart.(心から、愛してる。)
I wanna be with you forever.(ずっと一緒にいたいな。)
I’m so [glad/happy] I met you.(あなたと出会えて幸せです。)

恋人に送るメッセージは、感謝や愛を感じる言葉がおすすめです。日本では「愛してる」と伝えることは恥ずかしいと感じる方も多いですが、「I love you.」とメッセージカードなどに書くのは、羞恥が軽減されるという方もいることでしょう。

紹介したメッセージも、実際に日本語で言う、文字にすると気恥ずかしい文章ですが、英語にすると伝えやすいと感じます。特別な誕生日だからこそ、日頃の感謝と愛を伝えてみてはいかがでしょうか。

友達へは楽しく

How does it feel being 〇〇?(〇〇歳になった気持ちはどんな感じ?)
Don’t worry about getting older! Worries make you even older.(年を取ることなんか気にしないで!悩みごとがあると老けて見えちゃうよ)
Thank you so much for always being with me!(いつも私と一緒にいてくれてありがとう!)
This is your day! [Have fun/Have great time]!(あなたが主役の日だよ!楽しんで!)
[Be/Best] friends forever!(ずっと友達だよ!)特に「Best」をつかった際は、よく若者に「BFF」と省略されて使われています。
From [buddy/best friend/sidekick].(あなたの親友より)

友人にメッセージを送るときは、「友達」といったキーワードを入れて、これからも仲良くしたい気持ちを伝えるのがおすすめです。「ずっと友達でいたい」というフレーズも英語にすることで、日本語よりもストレートに伝えられるでしょう。また、誕生日は「年を取ってしまう」と感じて「嫌だな」と思う方も多くいます。そんな友人には年齢に関してポジティブなメッセージを贈るのもおすすめです。

先輩や目上の方には丁寧に、前向きな言葉をチョイス

Let me wish you a happy birthday.(お誕生日おめでとうと言わせてください)
Happy Birthday to [the best/greatest] boss in the world!(世界一[最高の/偉大な]ボスへ、誕生日おめでとうございます。)
I am lucky to have such a [great/wonderful/amazing] boss like you.(あなたのような[すごい/すばらしい]上司が持てて、私は恵まれています。)
I’m proud to call you my boss.(あなたをボスと呼べることを、私は誇りに思います。)
Thank you so much for always being a [great/wonderful/amazing] boss for us.(私たちにとってすばらしいボスです、ありがとうございます。)
I hope today is the [beginning/start] of another [wonderful/happy] year.(今日が[すてきな/幸せな]1年の始まりでありますように。)
Hope this one year brings you [happiness/good health]!(あなたにとって[幸せな/健康な]1年になりますように)
I wish your [happiness/health] forever. /  I wish your [great fortune/good health]!(あなたの[幸せ/健康]を祈っています。)

上司や目上の方への感謝を忘れずに、そして健康や幸せを願う、前向きな言葉を使うといいでしょう。あまりカジュアルなフレーズや内容だと、失礼な印象になってしまいます。また、健康を気遣う、幸せを願うフレーズは「無難過ぎるのでは?」と感じるかもしれませんが、目上の方へのお祝いには大切なことです。誕生日だからこそ、丁寧な対応を心がけましょう。最後の「幸せ」や「健康」については、「and」でまとめて言っても、いいかもしれません。

両親や子どもには感謝の気持ちを

Happy birthday to my precious ○○.(大切な〇〇へ、誕生日おめでとう。)
You are [the most wonderful/greatest] 〇〇 in the world!(あなたは世界で一番すばらしい〇〇です。※〇〇にはdad、mom、brother、sister、friendなどを入れます。Greatestなら「すばらしい」ですが、ここも「most beautiful(最も美しい)」「most precious (最も大切な人)」などに変えることもできます)
[I’m so grateful for/I really appreciate] giving birth to me into this world.(産んでくれて感謝しています)
Thank you for always [thinking about/ looking out for] me.(いつも[思ってくれて/気にかけてくれて]ありがとう!)
Thank you so much for always making [delicious/lovely]food for me.(いつもおいしいを料理を作ってくれて、本当にありがとう。)
Thank you for [a lot of love/loving us endlessly].([たくさん/無限大]の愛をありがとう。)
You make my everyday so [special/happy]. (あなたは私の毎日を[特別な/幸せな]ものにしてくれます。)
Today is a [special/best] day for you.(今日はあなたにとって[特別な/最高の]日です。)

家族が誕生日のときに使いやすいフレーズを紹介しました。両親に感謝の気持ちを伝えるとき、祖父母や親戚の方にメッセージを送るときに活用できます。お子さんに英語で誕生日のメッセージを贈るのもおしゃれで、その上勉強にもなります。一緒に暮らしている家族、離れて暮らす家族など、状況はいろいろですが、普段はあまり伝えることができない感謝の気持ちを、誕生日には素直に表現しやすいのではないでしょうか。おしゃれに、感謝を込めて伝えてみましょう。

3.【英語の誕生日メッセージ】長文文例

ここまではメッセージカードに使えるような、簡単な英語のフレーズを紹介しました。色んな場面で使えて便利ですが「本格的に長文のメッセージを贈りたい」という方もいるでしょう。
そんなときに便利な長文の書き方のアイデアを紹介します。

・長文は短いフレーズの組み合わせでできる

「いきなり長文を書くのは難易度が高い!」と感じます。しかし、先ほどまでに紹介した「Happy birthday!」+「相手に合わせた1フレーズ」の応用と考えると簡単です。

短いフレーズを組み合わせることで、相手に対する思いを伝えることができます。例えば、「お誕生日おめでとう」と「健康と幸せを祈る」という内容に、「いつも気にかけてくれてありがとう」という感謝のフレーズを加えると、さらに印象的になります。

では、どのような構成にするか、考えてみましょう。

・メッセージの構成を考える

まずは何を伝えたいかを日本語で考えるのがおすすめです。

①誕生日おめでとう(Happy birthday!)
②お祝いする相手に関すること
③お祝いする相手への感謝
④お祝いする相手の幸せを祈るメッセージ

このような構成は1つの案ですが、これに合わせて文章を作る、組み合わせると、色んな相手に長文のメッセージを贈ることができます。

・長文文例

実際にどのような長文が作れるか、紹介します。

<恋人に贈る誕生日メッセージ>
①Happy birthday,〇〇!(〇〇は相手の名前を入れます。)
②You smile, I smile.(あなたが笑うと、私も笑顔になる)/Your smile makes me happy. (あなたの笑顔は私を笑顔にしてくれる)

③Thank you so much for always being with me!(いつも一緒にいてくれてありがとう!)
④I wanna be with you forever.(ずっと一緒にいたいな。)/ I’m so [glad/happy] I met you.(あなたと出会えて幸せです。)

こちらは「恋人へは感謝と愛の言葉を添えて」で紹介したフレーズを組み合わせて作りました。ただ組み合わせただけですが、愛を感じるメッセージとなったのではないでしょうか。特に大切なのは、「②お祝いする相手に関すること」を書くことです。ここは日頃感じている相手のいいところや、好きな点を入れるようにしましょう。

ポジティブで、普段は絶対言えないような、恥ずかしい内容でも、堂々と言うようにすると、「こんなこと思ってくれていたのか」と、相手に気持ちが伝わります。

<友達に贈る誕生日メッセージ>
①Happy birthday, dear friend!
②How does it feel to be 〇〇.(〇〇歳になった気持ちはどう?)
③Thank you so much for always being with me!(いつも私と一緒にいてくれてありがとう!)
④This is your day! [Have fun/Have great time]! (あなたが主役の日だよ!楽しんで!)
From your ever loving friend.(あなたの親友より)

堅苦しくなりがちな感謝の気持ちも、カジュアルに表現できるのでおすすめです。大切な友達に対しては、「friend」というキーワードを盛り込むと、これからも仲良くしたい気持ちが伝わります。

メッセージカードを作るのもおすすめで、写真などと一緒にこのようなメッセージを書くと思い出に残ります。100均などにもかわいいメッセージカードが販売されているので、心を込めて手書きをしてみるのもいいでしょう。

<母親に贈る誕生日メッセージ(遅れてお祝いするとき)>
①Belated happy birthday, mom!(誕生日おめでとう、お母さん。)
②You are [the most wonderful/greatest] mom in the world!(あなたは世界で一番すばらしいお母さんです。)
③Thank you for always [thinking about/ looking out for] me.(いつも[思ってくれて/気にかけてくれて]ありがとう!)
④Hope you had a really [special/wonderful] day.([特別な/すばらしい]1日になりますように、の過去形)

面と向かって「すばらしいお母さん」なんて言いにくいですが、英語にすると不思議とすんなりと言えてしまいます。特に家族を誉める、感謝を伝えることは日頃はなかなかできないことです。

長文を考えるときも、②と③を重点的に考えましょう。定型文ももちろん便利ですが、相手にあったオリジナルの文章を考えると、より印象深いメッセージになります。間違った英語でも気にせずに、自分らしい文章を考えてみることをおすすめします。

4.まとめ

電話をかける男性とプレゼントと本

「英語で誕生日メッセージなんて難しいそう」と感じていた方も、「これならできるかも」と感じたのではないでしょうか。英語だからそこ、ストレートに感謝や愛を伝えられるというメリットもあります。メッセージカードを作るときも、まずは「Happy birthday.」と書いてみて、続けて紹介したフレーズを書いて見ると、簡単でおしゃれなカードが完成します。

手書きするときも、いつもより丁寧に書く、筆記体で書くと本格的な仕上がりになるはずです。贈る人のことを考えて、心を込めたメッセージを贈りましょう。

閉じる
閉じる