誕生日には手作りのアルバムをプレゼントに! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3774views

誕生日には手作りのアルバムをプレゼントに!

3774views

シェアする

LINEで送る

誕生日アルバム

「手作りの誕生日アルバム」を作ったことはあるでしょうか。

お友達や彼氏の誕生日プレゼントに悩んでいる方は多いです。贈るプレゼントがワンパターンになってしまう、プレゼントを贈りたいけれど予算がない、ということもあります。

そんなときは、手作りの誕生日アルバムはいかがでしょうか。気持ちが伝わり、素材を100均ショップなどで買えば節約しつつ作れます。誕生日アルバムを初めて作る方も、見本を見ながら頑張って作ってみましょう。

1.誕生日アルバムの表紙はどうする?

アルバム

アルバム本体を手作りする場合、材料のチョイスでデザインの幅も広がります。

市販のスクラップブックをアレンジ

誕生日アルバムを作るときに簡単な方法は、市販のスクラップブックやアルバムを使う方法です。すでに本の形になっているので、表紙をかわいくアレンジして、中身をしっかり作り込むといいでしょう。

市販のスクラップブックはシンプルなデザインのものが多いので、自分なりにアレンジすることができます。表紙はシンプルに作り、中身が手の込んだものになっていると、サプライズ感がアップします。

また、市販のサイズだと、来年以降に同じスクラップブックで贈ったときに整理しやすいというメリットもあります。

厚紙だといろいろな形にできる

厚紙でオリジナルの表紙を作ると、「特別感」が出て、プレゼントされた相手も感動するでしょう。また、表紙と裏表紙は、中に使う紙より厚手のものにすると中身が守られるので安心です。

厚紙で作る表紙は、自由自在に作れることが特徴です。本の形にしなくても、中の台紙をアコーディオンのように折りたたみ、厚紙で表紙をつけることで、広げて写真を見るデザインを作ることができます。

また、開く前は折りたたんだカードのような形で、開くと写真が飛び出すような仕掛けがあると、相手にとって「サプライズ」となるでしょう。シンプルなものでもインパクト大です。

表紙を布でおしゃれに補強

表紙に布を貼るのもおすすめです。布を貼ることでおしゃれになるだけでなく、表紙の紙を補強することもできます。

例えば、和小物などを作るときに使う布は、見た目がおしゃれであるだけでなく、手で触った時の感触も柔らかく、またアルバムの表紙を補強し守ってくれる効果もあります。

布の表紙のアレンジには、刺繍をする、木工用ボンドでビーズなどをつけるなど、華やかなアレンジも似合います。和小物が好きな方や、ワンランク上の誕生日アルバムを作りたいときに試してみてはいかがでしょうか。

2.誕生日アルバムの簡単な手作り方法

コラージュ

では、実際に手作りの誕生日アルバムを作ってみましょう。簡単にできる方法をご紹介します。

台紙はしっかりしたコシのある素材を使う

誕生日アルバムのデザインや形状によって、台紙の素材は変わります。冊子にする場合、台紙は表紙や裏表紙よりも薄手のものにしましょう。仕掛けをつけると厚みが出てくるので、台紙が厚すぎるとアルバムがきれいに閉まらなくなってしまうことがあります。

また、台紙がそのまま表紙や裏表紙になる場合は厚手のものを選ぶとしっかりした作りになります。薄い素材だと渡す前にくしゃくしゃになることもありますので、注意しましょう。

特に台紙は、ペンや色鉛筆などで直接書き込む、仕掛けをたくさんつけるなどできるような素材だと作りやすいです。ツルツルの素材よりも、文字が書き込みやすく、のりなどで仕掛けを固定しやすい、クラフト紙や画用紙で、コシのある素材がおすすめです。

表紙は相手が受け取った直後のことを考えて作る

表紙は中の台紙を守るために、ボール紙のような厚手の素材がおすすめです。市販のスクラップブックなどを参考に、表紙の素材にもこだわってみましょう。表紙はプレゼントしたときに、最初に見る場所です。相手が受け取った直後にどう思うか、想像しながら作るといいでしょう。

「早く開けたい!」と思わせるように表紙はシンプルにするというのもありますが、表紙もインパクトのあるものにして「この表紙から中はどんなすごい仕掛けがあるのだろう」と思わせるもの手です。

表紙もアルバムの重要な1ページ。「誕生日おめでとう」と表紙にストレートに書くか、開いたときにサプライズになるように中だけに書くかなど、こだわって作りましょう。

目次へ

◆仕掛けは色画用紙や折り紙がおすすめ

仕掛けには色画用紙や、折り紙のような素材が便利に使えます。

スライドさせる、パタパタ開くような、動きのある仕掛けには、少し厚みのある色画用紙がおすすめです。メッセージやイラストを切り抜いて貼る、折り紙のようにして使うときは、薄手の折り紙がおすすめです。

うっすら下の素材を透けさせるような場合はトレーシングペーパーやセロハンもおもしろい効果が生まれます。特に仕掛け作りは、作る人のアイデア次第でさまざまなアレンジができます。自由な発想で挑戦してみましょう。

色画用紙や折り紙は100均でもありますが、文房具屋さんにあるもののほうがお買い得の場合もあるので、比較して選ぶといいでしょう。

デコレーションにはマスキングテープが活躍

仕掛けや写真、メッセージを作った後、デコレーションで活躍するのが、マスキングテープです。100均にもあるのでいろいろ買うと、後で便利に使えます。

台紙の四隅や写真を縁取るように囲んで貼ると枠になったり、写真などをラフに貼ったりしてもおしゃれです。マスキングテープははがせるので、仮止めするときにも活躍します。

いろいろな色や模様があるので、アルバムのテイストに合わせて用意しましょう。

3.手作りアルバムの仕掛けの作り方

アルバムを作る女の子

手間をかけるほどに喜ばれる手作りアルバム。ぜひ仕掛けにも挑戦してみてください。

仕掛けの作り方の難易度はさまざま

手作りアルバムの仕掛けは、簡単なものから難易度の高いものまで、さまざまあります。
初めて作るときにおすすめなのが「窓」です。画用紙を切って、パタパタできるように貼り付けて、中に写真を貼るだけで完成、と、シンプルに作れます。

パカっと窓を開けると、大切な写真が見えるので、開くのが楽しい仕掛けです。簡単なのに手が込んで見えるところがポイントです。

他にも、アルバムを開くと写真が飛び出す、取っ手をスライドさせると写真が出てくる、観覧車のようにくるくると回る、難易度が高いものだとカメラのシャッターを切った時のような動きをするものも作れます。アルバムを作るときに最も大切なのはもちろん「気持ち」ですが、手の込んだアルバムを受け取ると、「こんなに自分のことを考えてくれていたのだ」と相手は感動するでしょう。

彼氏やお友達の誕生日にサプライズで渡そう!

手の込んだ手作りアルバムは、「いつ作っていたのだろう」と驚かれること間違いなしです。彼氏や彼女、お友達だけでなく、いつもお世話になっている家族に渡しても喜ばれるでしょう。

小さい頃の思い出の写真などを使って、飛び出す仕掛けを作ると、味わい深いものになります。

遠方に住む家族には、郵送などで送っても思いが伝わります。いつもはメールなどでそっけなくお祝いを伝えていたという方も、今年は手作り誕生日アルバムを作ってみてはいかがでしょうか。

彼女の誕生日にもおすすめ!

彼女への誕生日プレゼントにもおすすめの手作りアルバム。今まで手作りプレゼントを渡したことがなかった方も、手作りアルバムを作って、非日常を演出しましょう。100円均一の素材で作れるので、これまでのプレゼントより予算が抑えられるかもしれないのが嬉しいポイントです。

特にハート型の飛び出す仕掛けは喜ばれるでしょう。畳んである状態だとハート型ですが、ハートの部分を左右に引くと、箱型になり、その中に写真やメッセージを入れることができます。普段は恥ずかしくて伝えられない言葉を書いておくのもおすすめです。
これまでのプレゼントと違った反応が見られるかもしれません。

4.まとめ

プレゼントを渡す彼氏

誕生日のプレゼントに、心のこもった手作りアルバムを贈ってみたいと思っていた方も、「これなら作れるかも」と思えたのではないでしょうか。

大切なお友達や、彼氏、家族に、思い出の写真を使った誕生日アルバムを作ってみましょう。飛び出す仕掛けやスライドして見られる仕掛けで、秘密のメッセージを送るのもおすすめです。

初めて作るときは、市販のスクラップブックを使ったアルバムや、アコーディオン型のアルバムで、シンプルに写真を貼るところから始めてみましょう。作っているうちに、おもしろい仕掛けを思いつくかもしれません。

閉じる
閉じる