【出産祝い】もらって嬉しかった・欲しかったプレゼントとは ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
825views

【出産祝い】もらって嬉しかった・欲しかったプレゼントとは

825views

シェアする

LINEで送る

プレゼント

出産祝いのプレゼント…できるだけ実用性のある物を贈りたいところですが、オムツや粉ミルクなんて味気ないですよね。
出産祝いを贈るときは、今後の子育てにも役立ちつつしっかりとおしゃれ感も演出できる品を選ぶことがポイントです!
さっそく、出産祝いのプレゼントとしておすすめのグッズや人気の定番アイテムなどをご紹介します。

1.出産祝いの相場とは?

money

一般的な友人へ贈る出産祝いの場合、金額の相場としては”5,000円〜10,000円”という傾向にありますが、金銭的な事情からそれよりも低くなる場合もあるかと思います。
友人との関係性にもよりますが、お財布事情と相談してお祝いの品を選びましょう。

また、兄弟姉妹への出産祝いの相場は少し上がって”10,000円〜30,000円”です。兄や姉への出産祝いは5,000円程度でも問題ないと言われていますが、仲の良い兄弟、姉妹なら一生に何度かのことですから奮発してみるのも良いのではないでしょうか。

2.出産祝いのプレゼントはどう選ぶ?

選択

出産祝いのプレゼントを選ぶ時のポイントは、できるだけ相手の好みに合わせた品をチョイスするということです。
シンプルが好きなのに、派手な柄がついたものや、キャラクター物を贈ってしまう、なんてことがないように、しっかりと事前調査を行いましょう。

また、バウンサーやベビーマットなどの大きなものを贈る場合は、すでに購入していないか確認することをおすすめします!
せっかくプレゼントするなら、活用できるもの、喜んでくれるものが良いですよね。

3.子ども向けのプレゼント

赤ちゃんギフト

ここでは、主に子ども向けのプレゼントとして人気のあるグッズをご紹介します。

スタイなら何枚あっても困らない

スタイ

赤ちゃんの服は、自分の唾液や授乳中に口から溢れる母乳、ミルクなどにより濡れてしまいやすいものですが、それを解決してくれるのが”スタイ”です!
赤ちゃんによっては”1日に5枚以上もスタイを交換する”というケースもあるので、洗い替え用に何枚あっても困りません。

リーズナブルな価格で、シンプルなものから個性的なものまでたくさん種類も揃っているので、きっと喜んでもらえる1枚を見つけられるはず。

意外と重宝する80cmのベビー服

”新生児の贈り物にベビー服?”と思ってしまいますが、意外と使えるのが80cmのカーディガンやパーカーです!
80cmといえば1〜2歳の子どもが着るサイズですが、袖を折り返して着れば0歳でも可愛く着こなすことができます。
新生児用のベビー服はすぐに着られなくなりますが、80cmサイズなら長く着用することができるのでおすすめですよ。

お出かけにも最適なおくるみ・スリーパー

お出かけ時の必需品として挙げられるのが”おくるみ”や”スリーパー”といって、赤ちゃんの全身を包み込む布地や服のこと。
特に肌寒い季節に産まれる赤ちゃんへの出産祝いとして人気があり、数枚持っていても邪魔になりにくいので定番アイテムとしてランキングされているほどです。
真冬生まれの赤ちゃんには”洋服と靴下がつながっているタイプ”の全身スリーパーも最適!

ベビー向けのスキンケア

赤ちゃんの皮膚は大人に比べてとても薄くて弱く、ちょっとした刺激が肌荒れにつながってしまいやすいものです。
そこで重宝するのが”ベビーオイル””保湿クリーム”といったスキンケアアイテム!
できるだけ肌負担の少ないものでオーガニック認定されている商品を選べば、贈られた側も安心して使用することができますよね。
最近では、”ママと赤ちゃんが一緒に使える”というスキンケアアイテムにも人気が集まっていますよ。

現金・商品券

”プレゼント選びに自信がない”という人は、割り切って現金や商品券を出産祝いとして贈るのもいいでしょう。
現金の場合は5,000〜10,000円を基準に、できるだけ新札で贈ると気持ちがいいものです。
商品券の場合は、使用できる店舗の多い”クレジットカード系のギフト券”(VISAやJCBなど)を選ぶことがポイント!

4.親向けのプレゼント

両親

ここでは、主に親目線の”あったら便利だな”という便利グッズをご紹介。親向けの贈り物は、出産を頑張った母親へのご褒美として密かな人気を集めているんです!

離乳食つくりの強い味方ハンドブレンダー

赤ちゃんが生後半年頃になると始まる”離乳食”ですが、実はこれが本当に大変!
野菜やお肉を滑らかにすり潰したり茶こしでこしたりする作業は、時には何時間もかかってしまうほどです。
そこで便利なのが”ハンドブレンダー”!ボタンひとつで刻む、潰す、混ぜるが瞬時に終わってしまうので、赤ちゃんのお世話をしながらの離乳食作りも負担になりません。
また、離乳食期が終わったら”スープに””スムージーに”と幅広く活用できるところもおすすめポイントですよ!

育児に忙しいからこそ美容アイテム

産後の親は、想像している以上にバタバタと忙しいもの。
赤ちゃんのお世話に追われて自分のことをかまっている時間などない、という人も珍しくありません!
そんな慌ただしい時期だからこそ、親がリラックスして過ごせるような美容アイテムも出産祝いのプレゼントとして最適でしょう。
”有名ブランドのシャンプーセット””忙しくても使用しやすいオールインワン化粧品””アロマディフューザー”など、おしゃれな美容アイテムも人気です。

子育てが楽しくなる育児グッズ

”おしゃれなママバッグ””センスのいいおむつポーチ””親子お揃いの装飾品”など、見たり身に着けているだけで子育てが楽しくなりそうなグッズを贈るのもおすすめ!
子育てが楽しむために1番大切なのは”母親の心身的な余裕”なので、相手に合わせたセンスや好みをしっかりと把握してプレゼントを考えましょう。
子育てに悩んでいたり産後ブルーになっている人には、自分が読んで感銘を受けた育児本を贈るなんて人もいますよ!

授乳中でも安心のノンカフェインの飲み物・食べ物

授乳中のママがもらって嬉しいものと言えば…赤ちゃんに悪影響を及ぼすカフェインが排除された”ノンカフェインの飲み物や食べ物”です。
特に飲み物にはカフェインが含まれているものも多いので、ノンカフェインのコーヒーや紅茶、フルーツティーなどはおすすめ!
母乳の出をよくするハーブティーなども販売されているので、完母派のママにはうってつけのプレゼントになるでしょう。

一息リラックスつきたい時に役立つバウンサー

バウンサーとは、赤ちゃんを一時的に置いておくことができる”揺かご”的なアイテム。
バウンサーには音楽機能やバイブレーション機能が搭載されているものも多く、寝かすと泣き出してしまう赤ちゃんでも機嫌よく過ごせる工夫が凝らされています。
ママが一息つきたい時に役立ちますが、まずはすでに購入していないかの確認をしてからプレゼントするようにしましょう。

離乳食の食器セット

出産後すぐにお祝いを渡そうとする場合、ここまでに紹介したアイテムだと”すでに別の人からもらった”なんて可能性も否定できません。
”できるだけ人と被りたくない!”というオリジナル性を求める人は、少し早めに離乳食の食器セットを贈るのはどうでしょうか?
食器に赤ちゃんの名前を印字してもらうこともできるので、きっと素敵な贈り物になると思いますよ。

5.出産祝いのマナー

ギフト

結婚祝いは”20,000円や40,000円の偶数はタブー”とされていますが、出産祝いにはそのような縛りは存在していません。
一般的な金額を目安に、あとは自分の金銭事情と相談して無理のない範囲でお祝いをしてあげるのがいいでしょう。

ただ、4や9という数字は”死ぬ””苦しむ”という負のイメージを連想させるので、現金や商品券をお祝いとして渡す場合は気をつけてくださいね!

また、出産1ヶ月以内は新生活に慣れず、なにかとバタバタしている可能性も…。
できれば産後1ヶ月の検診が終わって医師から外出の許可がで始める”産後2ヶ月以降”を目安に、出産祝いを渡しに行くと喜ばれるでしょう。
(”赤ちゃんが未熟児で入院中”などという場合は、赤ちゃんが退院して落ち着いてからお祝いをするように配慮するように。)

6.まとめ

いかがでしたか?
喜ばれるプレゼント選びのコツは、時間をかけて相手の好みや欲しいものをしっかりと探ること!
実用性がありつつもおしゃれ感を損なわない、そんな素敵な出産祝いのプレゼントが見つかるといいですね。

閉じる
閉じる