出産祝いの金額の相場は?おすすめのプレゼントもご紹介! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3398views

出産祝いの金額の相場は?おすすめのプレゼントもご紹介!

3398views

シェアする

LINEで送る

ご祝儀袋

人生の一大イベントとも言える出産。
友人や家族、会社の関係者などへの出産祝いが必要になることも、しばしばあるでしょう。
そんな出産祝いに関わることがらについて、まとめました。

1.出産祝いの金額の相場は?

出産祝いのお祝い金

出産祝いを渡すとき、気になるのが金額の相場。
お祝いする相手に迷惑をかけないためにも、礼儀として相場を知っておくことが大切になってきます。
ここでは、自分と送る相手との関係別に、出産祝いの相場を見ていきましょう。

兄弟へ

自分の兄弟が出産した時の相場は、一般的に10,000〜30,000円が相場とされていますが年代などによって相場は異なってきます。
兄弟の奥さんが出産した場合、5,000〜10,000円程度が相場になります。

実の姉妹が出産した場合は、20,000円程度包む場合もあります。
また、贈る側のご自分が学生の場合は3,000円ほどの少額でも失礼にはあたりませんし、20代で独身の方であれば5,000円が相場とされています。
ご自分が30代以上であったり既婚者であれば、10,000〜30,000円、特に年下の兄弟に贈る場合は多めに30,000円程度を贈る方もいらっしゃいます。

親から子へ

出産祝いについて、地域差が多いのが親から息子・娘への出産祝い。
現金を贈る場合は、30,000〜50,000円が平均的な相場になりますが、金額にはかなり幅が出るものになります。

ベビーグッズを買う、里帰りの場合の食事代や赤ちゃんのお世話などでお祝いがわりにするので出産祝いを渡さないという方もいらっしゃいます。
もちろん、初孫などで記念に高価なものを贈っても良いですが、その場合は相手のお返しの負担にならないよう、一言「気持ちとして受け取って欲しい」「お返しはなしで」などの言葉を添えると良いでしょう。

親戚へ

いとこなど、親戚に出産祝いを贈る場合の一般的な相場は5,000〜10,000円程度です。
とはいえ、普段からどの程度のお付き合いのある関係かによっても金額は大きく変わってきます。

直接出産の報告を受ける程度には付き合いがあるのであれば相場通り、普段から家族ぐるみでのお付き合いのある親しい関係であれば10,000〜30,000円程度を贈る方が多いようです。
ほとんど付き合いがなく、何年もの長い間会っていない親戚の場合、贈らない場合もあります。
過去にその方から出産祝いを頂いたことがあれば、同額を返すのが最も良い選択肢になります。

また、親戚に贈る場合は、両親や兄弟にいくら包んだのか確認をすると良いでしょう。
両親より高額は包まず、兄弟と同額に揃えるのが無難です。

友人、知人へ

親密度や地域の風習によって金額が変わることが多い、友人への出産祝いの相場。
5,000〜10,000円が一般的なものになります。

友人の場合に多いのは連名で贈る場合で、この時は1人あたり2,000〜3,000円が相場になります。
ただし、縁起の悪い4や9のつく4,000円や9,000円にはならないように、トータルの金額はキリの良い数字になるように調整すると良いでしょう。

また、学生時代の先輩への出産祝いであれば、ご自身が20代で3,000円、30代や夫婦で贈る場合5,000円が相場になります。
後輩への出産祝いであれば、年齢問わず5,000円程度が良いでしょう。
友人の中でも、ママ友相手であれば気を遣わせないように、1,000〜3,000円で実用品を送るのがベストです。

上司、部下へ

職場の上司への出産祝いの相場は、5,000円程度になります。
もし普段から可愛がってくれている上司へのお祝いであれば、日頃の感謝の気持ちを込めて10,000円程度を渡す方もいるようです。

もし相手が社長だった場合は、個人で出産祝いを贈ることは少なく、社員で取りまとめて贈ることが多いでしょう。
部下への出産祝いの相場は、3,000〜5,000円程度ですが、贈るご自分が40代50代で役職についており、給与もそれなりならば10,000円程度が相場になります。
部下の人数が多い場合は、5,000円などと一律で渡す金額を決めてしまい、人によって金額が変わってしまうことがないように公平に渡せるようにしましょう。

同僚へ

一般的に、同僚に赤ちゃんが生まれた時の相場は3,000〜5,000円程度が多くなっています。
個人からのお祝いのほか、1人500円程度を出し合ってプレゼントを買うのもオススメ。

2.出産祝いはどうやって包む?

出産祝いのご祝儀袋

出産祝いの金額などが決まったところで、出産祝いの包み方をご紹介します。

まず、表書きに書く言葉は「寿」や「御祝い」のほか、「御出産御祝」や「祝 御出産」などを入れましょう。
下の段には、贈り主の姓かフルネーム、連名の場合は並べて名前を書きましょう。
ボールペンやサインペンは使わず毛筆で書くのがマナーですので、苦手な場合は筆ペンを使うと良いでしょう。
お祝い事ですので、濃い墨で書きましょう。

水引の種類は、出産は何度続いても良いお祝いごとですから、何度でも結び直すことができる紅白の蝶結びにします。
ちなみに、結婚祝いで使われる結び切りの水引きを使ってしまうと、二度と繰り返せないという意味になってしまうので、避けましょう。
もしできちゃった結婚などで同時にお祝いをすることになった場合は、結婚祝いのご祝儀と出産祝いのプレゼントなどに分けることになりますよ。

中袋へのお札の入れ方は、新札を用意することと、人物の描かれている表向きが揃うように入れることを忘れずに。
祝儀袋と中包みの場合、祝儀袋と中袋の場合、祝儀袋だけの場合と様々な包み方がありますので、それぞれの形に合わせて包んでくださいね。

3.プレゼントでもOK?オススメの出産祝いのプレゼントは?

出産祝いの赤ちゃんの服

出産祝いとして、現金ではなくプレゼントを渡したり、現金の他にもプレゼントを渡したいという方も多いでしょう。
そこで、喜ばれるプレゼントの種類と、選ぶポイントをまとめました。

赤ちゃんのためのおむつやベビー服

絶対に必要になる赤ちゃんのためのグッズはハズレが少なくオススメです。
特に、おむつケーキは出産祝いならではのプレゼントで可愛いものが多く、飾って楽しむこともできる実用品として喜ばれますよ。
また、ベビー服もあって困るものではありませんし、ベビー服の中でも特にブランド物のベビー服はなかなか自分では買わないという方も多いです。
ただし、服などにこだわりのある方だとセンスが合わない、と思われてしまうことや、サイズが小さくて合わないというような心配な面も。
プレゼントの値段としては最適なので、まず検討してみてはいかがでしょうか?

ママのための育児グッズやお茶、お菓子

出産祝いというと赤ちゃんのことを一番に思い浮かべますが、ママのためのグッズも喜ばれるもの。
例えば、可愛いおむつ入れや授乳クッションなど、自分で買うほどではないけれどあると嬉しいというタイプのグッズはプレゼントに最適です。
また、これから続いていく子育ての中で、ママのゆっくりする時間を考えたお茶やお菓子もオススメ。
ノンカフェインのお茶やお菓子、例えばたんぽぽコーヒーやルイボスティー、おかしならチョコレートを使わないお菓子などを選んではいかがでしょうか。

スーパーやネットで使える商品券

必要なものを自分で選んで買えるという点で、商品券は人気のプレゼント。
有効期限のない商品券であれば、ママの体調が落ち着いてお出かけできるようになった頃に、ショッピングで使えるということで喜ぶ方の多いプレゼントです。

クレジットカードのギフト券が無難で定番ですが、出産直後であればイオンやセブン&アイなどのスーパーの商品券も日常的に使えて使い勝手が良いですよ。
また、電子マネーとして使えるAmazonや楽天のギフトカードは、お出かけしづらい時期でも使えてオススメ。
相手のことを考えて、どのタイプの商品券が喜ばれるか検討してみてはいかがでしょうか?

以上、定番のプレゼントをご紹介しました。
この他、友人や同僚などの連名でお金を出し合うことで、ベビーカーなどの少し高価なプレゼントをするというのもオススメですよ。
1人であまり高価なプレゼントを渡してしまうと、相手がお返しに困ってしまうかもしれないので、適度な値段のプレゼントを選ぶと良いでしょう。

4.まとめ

笑顔でベビーカーに座る赤ちゃん

出産祝いを贈る時期は、生後7日後からお宮参りをする生後1ヶ月後のタイミングが目安になっています。
出産直後は入院していてバタバタしている可能性もありますので、生後2〜3週間後がベストです。
母子ともに退院しており、健康かどうかを確認してから贈ってくださいね。

この記事を見ている人はこんな店舗も見ています

  • 産直鉄板 くり

  • 青山杏亭

  • cocowell

閉じる
閉じる