結納金の相場とは?結納金の使い方! ~特別な日を、私からあなたへ~

~特別な日を、私からあなたへ~

記事検索
Ranking
Home
3000views

結納金の相場とは?結納金の使い方!

3000views

シェアする

LINEで送る

ご祝儀袋

カップルの結婚が決まると、両家の顔合わせや結納などの行事が待ち構えています。最近では両家が遠方のために顔合わせと結納を一緒に行うカップルも少なくありません。

そのような場合、親同士は初対面で結納を行うことになります。また、結納は地域によって常識も様々で両家の価値観が出やすい場面です。今回は結納を円滑に行うために知っておくべき結納金の相場や、使い道など結納のお金事情についてご紹介します。

1.結納金の相場、平均をご紹介

ご祝儀袋

結納は地域ごとの風習が強い儀式といえます。結納金の金額については全国的に西高東低となっています。地域ごとにみると、北海道は結納の実施率自体が低いと言われていますが、行う場合は関東式の結納を行います。金額は70万円が平均的です。

また、関東地方は90万円、関西、四国、中国地方は100万円が相場となっています。
一方、沖縄は結納品が特徴的で、サーターアンダギーなどの揚げ物が用いられます。結納金の相場は100万円が一般的です。

全国的な結納金の相場は、お給料の2~3ヵ月分が目安です。また、結婚に関わる儀式ですので、割り切れない奇数の数字、50万円、70万円や100万円などが良い金額とされています。

結納は家に迎える側が支度するものとします。そのため婿養子の場合は、女性の家族から男性の家族へと結納金を納めることになります。その相場は嫁ぐ場合の2~3倍です。家と家を結ぶ儀式となるため、両家の意向を聞きながら判断することがおすすめです。


2.結納金の使い道とは?

新生活を始めるための部屋

結納金は、どのように使われるのでしょうか。家のつながりを表すお金であるため、新婦の親が使い道を決めることが多いようです。

最近は、結婚式や新婚生活の費用にあてることが一般的になってきています。他にも、婚礼家具や衣装、喪服などの嫁入り道具を用意したりすることが多いようです。

また、関東では結納金の半額程度をお返しする結納返しの風習があるため、結納返しに使うことも多いようです。

3.結納はしなくてもいいの?

レストラン

近頃は結納を省略するカップルも増えてきています。代わりに両家顔合わせの食事会を行うスタイルが主流になりつつあります。

顔合わせの基本は、料亭など個室で行い、結納ほど形式張ることなく両家の顔を合わせて食事をする形になります。あくまでも結納は家同士のつながりとなる儀式ですので、省略することが後々家同士のトラブルの元になりかねません。本人たちだけで決めるのではなく、両家で相談した上で決めることが大切です。

4.まとめ

背中を合わせて座るカップル

結納金の使い道や金額の相場などの常識は、地域や家によって違います。簡単に顔合わせで済ませよう、と言っていたものの、新郎側は豪華な結納品を用意していたなどといったことも起こりえます。

お互いの家の考えや風習を大切にしながら進めていくことが結納をスムーズに行うポイントです。本人同士の意思だけでなく、ご両家を結ぶ儀式だということを念頭に置き、家族皆が笑顔で結納の日を迎えられるようにしたいものです。

この記事を見ている人はこんな店舗も見ています

  • 囲味屋-千駄木

  • 茶懐石鮨

  • 赤坂時シラズ

閉じる
閉じる